日本が国内総生産(GDP)で世界第2位の座を中国に譲ってから10年以上が経過した。日本はバブル崩壊後の経済成長こそ非常に緩やかだが、今でも先進国のままだ。中国メディアの網易は6日、「失われた20年と言いながら、日本はなぜ今でも先進国であり続けられるのか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、日本の強さを侮ってはいけないと指摘。単純にGDP成長率だけを見ていると日本の実力を見誤ってしまう・・・・

続きを読む