中国のポータルサイト・百度に5日、トヨタが新型の燃料電池車をリリースした日本では本格的な「水素時代」の幕が開けたとする記事が掲載された。

 記事は、資源が乏しく石油資源の90%を輸入に依存している日本は常にエネルギーに対する危機意識を持っており、1970年代より水素エネルギーの発展計画の制定を始めていたと紹介。自動車分野の水素エネルギー利用では欧米が主に商用車向けの技術を開発してきたのに・・・・

続きを読む