日本のアニメが14年ぶりに中国中央電視台で放映が開始され話題になっている。そのアニメとは「はたらく細胞」だ。アニメ「はたらく細胞」は、人体を舞台に赤血球や白血球など体の器官が擬人化され、侵入するウイルスなどと戦うストーリになっている。なぜこのアニメの放映が決定したのか。

 中国では現在、中国産のアニメと外国産のアニメが「6:4」の比率になるよう法律で定められている。さらには政治的な理由な・・・・

続きを読む