2020年の経済成長が世界の主要国の中で唯一プラスとなった中国。国際通貨基金(IMF)は2021年の中国経済の成長率について、8.1%まで回復すると予測している。しかし、国民の平均収入や所得水準という点ではいまだに日本に遠く及ばないのが現状だ。中国メディアの網易はこのほど、その理由について分析する記事を掲載した。

 記事は、中国経済の成長に伴って物価はどんどん上昇しているが、給料の上昇が・・・・

続きを読む