2011年の東日本大震災からもうすぐ10年になる。日本はこれまでにも、関東大震災や阪神・淡路大震災など何度も大規模な地震に見舞われており、2008年に中国の四川を襲った大地震も他人事とは思えなかった人は多いだろう。中国メディアの騰訊は19日、「四川大地震で日本が助けてくれた」ことを振り返り、感謝する記事を掲載した。

 記事はまず、マグニチュード7.9から8.0と発表されているこの大地震について「国土だけでなく、中国人の心も震えさせた」とショックの大きさを伝えた。地震の発生が比較的少ない中国では、大地震は起きないという根拠のない自信があり、備えができていなかったのは事実だ。常に備えのできている日本でも地震のたびに衝撃を受けるのだから、なおさらだろう。

 そんな中国にとって、日本からの支援は心に染みたようだ。記事は、義援金が最も多かったのはアラブ首長国連邦で、主要国で最も少なかったのは米国だったのは知られているが、「日本の支援が際立って多かったのは知られていない」と指摘。義援金の額も、救援隊の人数でも「数で突出していた」と強調した。「数」や「量」で比較し、ランク付けするというのは中国の悪い癖だが、日本はアラブに続き上位だったと改めて謝意を表している。
 
 中国では当初、海外からの救助隊受け入れを拒否していたが、受け入れを決定してからは連日「国際救助隊の活躍」を感動的に報道した。日本は最初に受け入れが決まった国で、中国人の対日感情を大きく改善させることになった。記事の中国人筆者も、日本人というと抗日映画のネガティブな印象しかなかったため、「どうしてこんなに助けてくれるのか」と驚き、感動したことを伝えている。

 もっとも日本の救助隊派遣は、生存率が極端に低下する地震発生から72時間を過ぎてから決まったのは非常に残念だったが、中国人の対日感情改善に大きく貢献したのは間違いないだろう。中国には一度受けた恩は決して忘れないという考え方もある。四川大地震で日本から受けた恩を忘れることもないと希望したいところだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)