教育方針は家庭によって異なるものだが、国ごとの特徴もあるようだ。中国メディアの快資訊はこのほど、日本の教育方針から中国が学べる点について紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本では子どもがごく幼い時から親がしっかりと教えている「4つの大切なこと」があると紹介。その1つは「子どもに自分のものは自分で持つ」ということだと紹介。日本では当たり前のことだが、中国では親や祖父母が子どものかばんを持ってあげるのが普通となっている。

 2つ目は「自分で着替えをする」こと。日本のテレビ番組では、幼児がパジャマに着替えることにチャレンジするコーナーがあるほどだが、中国では小学校に入っても大人の手助けが必要な子どもも少なくないという。

 3つ目は「自分で登下校する」こと。日本では小学生が自分で登下校するのが普通だが、中国では交通事故と誘拐の危険ゆえに保護者の送迎が常識となっている。4つ目は「礼儀を学ぶ」こと。特に感謝を言葉で表すことや、目上の人にお辞儀してあいさつすることなどをきちんと学ぶと紹介。中国ではあいさつもできない子どもが少なくないと言えるだろう。

 記事は、これら4つの大切なことは「子どもを自立させる」ために必要なことだとし、これを中国は学ぶべきだと主張。何でも親がやってあげるのではなく、子どもに自分のことは自分でさせるべきだと論じた。テストの成績ばかりが重視される中国では、自立性や礼儀はあまり重視されていないのが現状であり、この点ではぜひとも日本に学んでもらいたいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)