アジアでいち早く先進国の仲間入りをした日本。近年では中国も急速な発展を実現したが、日本は本当の意味で社会が発展し進んでいると言えるようだ。中国メディアの騰訊はこのほど、「日本で見られる細部にわたる配慮から、日本社会がいかに発展しているかが分かる」と紹介する記事を掲載した。

 まず、記事は「日本の治安の良さ」を紹介。窓に防犯のための格子がないことや、保護者の送迎がなくても子どもが自分で登下校できることから、日本の治安の良さが分かると伝えた。これらはいずれも中国ではあり得ないことだ。また、「社会的弱者への配慮」がすばらしいと称賛。電車では車椅子利用者の乗降を職員が介助し、授乳室は必要なものが何でもそろっていると中国との違いを指摘した。

 さらに、公衆トイレの設備が整っていること、階段の手すりは子どもの利用も考えて異なる高さの手すりがあること、視覚障害者誘導用ブロックが本当に視覚障害者の必要性を考慮して設置されていることなどを挙げた。中国の視覚障害者誘導用ブロックは、遠回りさせるような設置だったり、途中に植え込みや電柱が邪魔していたりということもしばしばで、利用者のことを考えているとはとても思えない。

 このほか、環境面ではごみの分別が「常軌を逸している」とも言えるほど非常に細かいのに、誰もがルールを守っていること、洋式トイレでは手を洗った水を利用して流す設計になっていること、多くの人が買い物の際にエコバッグを使っていることなどを紹介。日本人のエコ意識の高さを称賛している。

 中国のネット上では、「一国の発展具合は、強者がどれほど強いかではなく、強者が弱者のためにどれほど配慮しているかに体現される」とよく言われる。中国も真の意味で社会を発展させるためには、日本社会から多くの啓発が得られるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)