世界で最も美しい言語と言ったらどの言語だろうか。なかには日本語が最も美しいと思う外国人もいるようだが、中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、それを否定する動画を配信した。

 動画の配信者は、日本語が世界で最も美しい言語という主張があると紹介。その理由として、「日本語は母音と子音の割合が1対1に近いので、聞いた感じが心地良いとの意見がある」そうだ。しかし、この理屈からいうと中国語の母音と子音の割合もほぼ同じであるため、「日本語が中国語より美しいというのはおかしい」と主張している。

 また、日本人が自分で「日本語が世界で最も美しい言語」と自賛していると主張したうえで、「日本人が勝手に言っていることで、言語学のことがまるで分かってない」と批判。明治維新後は「日本語を廃止して、英語や世界で最も美しい言語であるフランス語にすべきとの意見もあったほど」と独自の見解を展開し、そのような意見があった日本語が「世界で最も美しい言語」であるはずがないと主張した。

 しかし、コメント欄を見ると「日本語は確かに美しい。日本のアニメを中国語や英語で見ると気持ちが悪い」、「日本語は実に耳に心地よい。それはアニメをたくさん見ている自分が知っている」などがあり、日本語を美しいと感じている中国人も少なくないようだった。

 しかし、「数千年の歴史がある中国語こそ最も美しい」、「中国語こそ最も素晴らしい言語」などの主張や、「良い声の人が話せばどんな言語でも美しい」との意見もあった。結局のところ、言語に優劣はなく美しいかどうかは個人的な感覚によるところが大きいのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)