日本人店員の接客態度や、客に対する親切な対応に感動を覚える中国人は多いというが、そんな日本人も「プライベートな場面では冷淡だ」と主張する中国人は少なくないようだ。中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、中国人から見れば矛盾しているように思えるという「日本人の性格」について説明する動画を配信した。

 この動画を配信したのは日本で生活する中国人女性だ。日本ではどこで買い物をするにしても、日本人の店員が親切に対応してくれるので「とても温かな気持ちになる」と自身の経験を紹介し、こうした対応ができる日本の店員さんたちは「本当にすごい」と称賛している。

 一方、中国人のなかには「日本人は仕事上では親切だが、実際の性格は冷たく、他人とあまりコミュニケーションを取りたがらない」と感じている人も多いと説明し、そのため日本の店員が示す親切心は「本心によるものではない」と考える中国人もいるという。

 しかし、動画の配信者は、日本の店員が示す「親切さ」や「温かさ」は日本人が重んじる「礼儀」の表れなのだと指摘し、こうした礼儀は「日本人の労働の一部」なのだと論じた。

 一方、動画ではこうした形式上の礼儀について、日本人のなかにも「堅苦しさ」を感じている人もいると紹介し、自分の気持ちをストレートに表現する中国人は、日本人から「羨ましい」と言われることもあると紹介。これは当の日本人も「形式上の礼儀に堅苦しさ」を感じている証拠であることを強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)