台湾人が「親日」であることは日本の誰もが知る事実ではないだろうか。日本が災難に見舞われるたびに、台湾は真っ先に手を差し伸べくれる。福島県沖で発生した地震でも、台湾の蔡英文総統が日本語で、ツイッターを通し「支援が必要であれば、いつでも台湾は駆けつけます」と発信した。なぜ台湾はこれほど親日なのだろう。このほど中国の動画サイト・西瓜視頻で、台湾に住むある中国人が「台湾人が日本を好きな理由」を分析し、配信している。

 この女性は、「台湾人の日本好き」は中国でも良く知られていると紹介。中国人にも近年日本旅行が人気で、日本製品の良さも知られているものの、基本的には反日の人も多いので、中国人と台湾人では日本や日本人への感情が根本的に違うと言えるだろう。

 「台湾人が日本を好きな理由」について動画では、日本統治時代に接した日本文化が、日本に親しみを感じさせることや、日本語の学習意欲が高いこと、日本製品の質の高さ、近くて安く行けるので人気の海外旅行先になっているなどの理由をあげている。ただ、これらはほとんどが中国でも当てはまるのが不思議なところだ。

 それはさておき、動画に対して多くのネットユーザーが、ほかに思いつく「台湾人が日本を好きな理由」について意見を出し合っていた。「台湾人と結婚する日本人が多い」こと、「李登輝、陳水扁、蔡英文による教育の影響」、「島同士考え方が似ている」、「日本は昔の恋人のような存在だから」などたくさんのコメントが付き、中国人が台湾人の持つ親日感情に興味を示していることが見て取れた。

 もっとも、中国より日本を愛する台湾人に不満を持ち、「誰と仲が良くても、台湾は中国の領土だ」という中国人もいたが、逆に「自分も日本が好き」、「良いものは受け入れるべき」という中国人もいて、中国でも若い世代を中心に感覚が変わってきていることを感じさせる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)