2020年、日本の小惑星探査機「はやぶさ2」は3億キロ以上も離れた宇宙空間に存在する小惑星「リュウグウ」からのサンプルリターンに成功し、見事に偉業を成し遂げた。中国メディアの快資訊はこのほど、中国は「日本の宇宙開発技術を軽視しすぎではないだろうか」と疑問を投げかける記事を掲載し、日本の技術力を正視すべきであると強調した。

 「はやぶさ2」のサンプルリターンとほぼ同じタイミングで、中国は嫦・・・・

続きを読む