中国のポータルサイト・百度に13日、日本が太平洋戦争初期にわずか半年ほどで東南アジアの大部分を占領することに成功した理由について考察する記事が掲載された。

 記事は、1941年12月の真珠湾攻撃による太平洋戦争開始以降、日本は英領マレーからビルマに至るまで、わずか半年程度の時間でタイを除く東南アジアの大部分を占領したと紹介。日本が東南アジアに攻め入った目的は、大規模な植民帝国を作り上げるという既定の目標があったこと、そして、現在のインドネシアにある石油資源の獲得だったとした。

 また、太平洋戦争開戦前から日本は中国戦線で膠着状態に入り、すでに多くの兵力を消耗していたにもかかわらず短期間のうちに東南アジアを攻略することに成功したとし、「どうしてそのようなことができたのか」と疑問を提起した。

 その上で、旧日本軍はかねてより東南アジア地域に記者や民間宗教家などといった身分で大量のスパイを送り込み諜報活動を行っていたと主張。また、当時の東南アジアは西洋列強の植民地になっていたものの、植民地の軍隊は現地人によって管理されていたため訓練や装備が不十分であり、「そもそも烏合の衆」だったことから、訓練を積んできた日本兵には太刀打ちできなかったとしている。

 さらに、第2次世界大戦において東南アジア地域の宗主国だった英国、フランスなどの欧州諸国は欧州戦線で手一杯となり、植民地を防御する十分な余裕がなかったとも指摘。日本はこの隙を突くとともに、「欧州の植民政策からの解放者」という名目で多くの現地人を取り込むことに成功したのだと伝えた。

 記事は最後に「かくして日本は半年ほどの東南アジアを占領したが、望んでいたものが得られないばかりか、破綻へとの道を進むことになったのだ」と結んでいる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)