日本はバブル経済が崩壊しておよそ30年が過ぎた。この間、経済成長率はほとんど横ばいだったため、「失われた30年」とも形容されている。しかし、日本は経済成長をほぼ失っても世界第3位の経済大国であるため、多くの中国人は「日本は過去の栄光で食いつないでいる」と感じるようだ。

 中国メディアの百家号は10日、現在の日本の経済力について分析する記事を掲載した。実際のところ、多くの中国人が考えるよう・・・・

続きを読む