日本人の民度の高さは中国人に高く評価されているが、中国人が真似すべき点は何だろう。中国メディアの快資訊はこのほど「中国人が見習うべき日本人の国民性」を3つ紹介する記事を掲載した。

 記事が挙げた1つ目の学ぶべき点は「仕事に対する態度」だ。中国では、日本のある店で地震発生際に、店の従業員が商品の棚を倒れないよう押さえている動画が話題になったことがあるそうだ。この「商品の棚を倒れないよう押さえる」という行為はまさに仕事に対して責任感を持って取り組んでいることの表れであるとし、日本人は仕事に対して真面目だと称賛している。

 2つ目は、「サービス精神」だという。相手のことを考えているので細かなところまで気がまわり、例えば地図や標識は誰が見ても一目で分かるようにできていて、店では店員が微笑みながらお辞儀をし、商品のデザイン性が高いなど、日本であらゆる点から様々な「気遣い」が感じられると伝えている。

 3つ目は「誠実さ」だ。ビジネスにはお互いの信用がどうしても必要になるが、トラブルがあっても必ず対処してくれる日本人と仕事をするのは安心だと伝えている。日本人の誠実さは財布を落としても戻ってくるほどだが、「中国では想像もできない」と、誠実さという点で日本人に遠く及ばないことを強調している。

 この3つは記事の中国人筆者自身の意見だろうが、確かに日本人の良さを表していると言えるだろう。地震時のエピソードや、トラブル時の対応のように、人の本質はとっさの時に表れるものだ。中国人に称賛されている日本人の高い民度を今後も大切にしていきたいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)