中国のポータルサイト・百度に11日、日本では胃がんの発症率が高い一方で、その生存率も世界的に見て非常に高く、中国の倍以上に達している理由について紹介する記事を掲載した。

 記事は、罹患すれば命を落としかねない重大な疾患である胃がんの患者が中国で増えており、毎年およそ40万人が新たに胃がんに罹っていると紹介。この数字は全世界の新規胃がん患者の30%を占めると伝えた。

 ・・・・

続きを読む