遼寧省瀋陽市は旧満州時代には奉天と呼ばれ、当時は多くの日本人が住んでおり、多くの建物が日本人によって建設された。中国メディアの快資訊は7日、日本人によって建設された建物のうちの1つである「瀋陽駅」について紹介する記事を掲載した。その外観が東京駅とそっくりだという。

 記事は、現在の瀋陽駅はかつて「奉天駅」と呼ばれており、東駅舎は1910年から使用されていると紹介。日本の建築家・辰野金吾の・・・・

続きを読む