「玉にきず」という言葉は「完璧に見えるのに、わずかな欠点があって惜しい」という意味合いであり、中国語では「美中不足(美しい中にも何か足りないものがある)」などと言うが、日本の農村部は中国人からすると「玉にきず」と思える点があるようだ。中国メディアの百家号は5日、日本の農村部について紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本の農村部は「非常に清潔で、ごみをきちんと分別して処理しており、空気も川の水もきれいで、環境が非常に良いところ」というイメージだと紹介。中国では農村部というと「整備されていない汚い道路ばかり」という印象だが、日本ではそのような状況は見られず、各世帯に自家用車があって都市部ともそれほど遠く離れてはおらず、生活は便利だと伝えた。

 また、住居については「見た目には古そうに見える家も、内部はとても清潔だ」と指摘。都市部のアパートやマンションと違ってとても広い造りで、庭には様々な植物が植えられていると紹介した。農業も機械化が進んでおり、生活のリズムはゆっくりで、「多くの人が農村部での生活にあこがれている」としている。

 では、中国人にとって日本の農村部のどんな点が「玉にきず」なのだろうか。記事は、「静かすぎること」を挙げた。昼間に人を見かけることがほとんどなく、近くの駅まで行くと1人か2人いる程度だと主張。「この種の静けさは中国人にとっては慣れていないもの」なのだという。これは、都市部と違って爆竹などが禁止されていない中国の農村部は、何かとにぎやかだからかもしれない。

 「静けさ」を好む日本人には何ら問題にならないことだが、にぎやかさを好む中国人からすると、日本の静かな農村は「玉にきず」となるというのは、日中の文化や習慣の違いをよく表していると言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)