訪日外国人が日本滞在中に意外と戸惑うのは「トイレ」だそうだ。特に中国人にとって日本のトイレは「勝手が違いすぎる」ため、公衆トイレでは中国語で書かれた注意書きをよく見かける。中国の動画サイト・西瓜視頻は「日本に来るならトイレの使い方を知っておいて」と呼び掛ける動画を配信した。

 動画は、日本在住の中国人男性が撮影しており、日本の公園にある普通のトイレを紹介している。特に注意を促しているのは、日本は中国と違って使用済みのトイレットペーパーは「ごみ箱に捨てるのではなく、便器へ入れてそのまま流す」のが普通であり、「そのため日本のトイレにはごみ箱がない」と伝えている。日本のトイレットペーパーは、流すことを前提にしているので水溶性を高めた作りになっている。

 また、「トイレットペーパーが設置されている」ので、中国のように常に持ち歩く必要はないとも紹介している。中国ではトイレにトイレットペーパーがないのが普通なので、ティッシュを持ち歩くようにしている人が多いようだ。トイレで売っている場合もあるが、スーパーなどで買うよりも割高となっている。

 使用済みのトイレットペーパーを流すことと、トイレットペーパーが設置されている、というただそれだけのことを伝えた動画だが、中国人にとってはそれだけで十分にすごいことらしく、大きな反響が寄せられていた。特に、トイレットペーパーを置いているのに盗まれない、ということに反応した人が多く、「中国だったらあっという間に持って行かれる」、「予備まであるぞ」、「上海には紙をタダでくれるトイレがあるが、1人1枚だぜ」など、日本のトイレを称賛するコメントが目立った。

 また、紙が流せるという点に関しては、トイレットペーパーの質の高さを感心する人や、自宅で流しているかどうか情報交換する人が目立った。流しているという人もいたが、流せるように特別な工事をしていたり、詰まるかもしれないとびくびくしながら流したりしている様子がうかがえ、当たり前のように流せる日本が羨ましいようだ。日本に来る際には、使用済みのトイレットペーパーを流すということだけは覚えておいて欲しいものだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)