中国のポータルサイト・百度に5日、「日本の半導体産業は、どうして『材料の王』になれたのか」とする記事が掲載された。

 記事は、一昨年に日本が韓国に対して輸出制限を発動したフッ化ポリイミド、フッ化窒素、フォトレジストの半導体材料3品目はいずれも日本が世界シェアの50%以上を持っており、特にフッ化ポリイミドに至っては90%のシェアを誇ると紹介した。

 その上で「事実上、こ・・・・

続きを読む