もうすぐ春節(旧正月)の長期休暇を迎える中国。例年であれば多くの中国人が日本へ旅行に来る時期だが、今年は新型コロナウイルスのため海外旅行はおろか、中国国内でも帰省の自粛が呼びかけられている。

 これまで人気の旅行先だった日本だが、日本を訪れたことのある中国人の多くが、日本の店では「中国にはどこでも当然のようにある紙幣鑑別機を見かけない」ことに驚いたという。中国メディアの騰訊はこのほど、その理由について中国人の旅行ガイドの見方を紹介する記事を掲載した。

 中国では、偽札が頻繁に出回るため、店では支払い時に紙幣鑑別機を通すのが普通のこととなっている。市場や屋台、路上販売などでは、紙幣鑑別機はなくても必ず目視と手触りで紙幣の真贋を確認するのが常識だ。しかし、日本では支払い時に誰も紙幣の真贋をチェックしないので中国人は大変驚くようだ。

 この理由について、中国人の旅行ガイドは、「日本では紙幣の製造に高い技術を使用しているので、偽札製造は非常に困難」であることが主な理由だと説明したという。また、偽札を作って使用すると「強い非難を受け、刑務所で過ごすことになる可能性がある」こと、さらには「紙幣の原料価格が高いこと」も偽札製造を難しくさせていると説明したそうだ。

 偽札かどうかを心配する必要がなく、安心して自国の紙幣を使用できる日本は、やはり暮らしやすいところだと言えるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)