日本のサービス業は、その質の高さで海外から称賛されているが、中国の動画サイト・西瓜視頻はこのほど、日本で暮らす中国人による動画を配信し、「日本の配送業者のサービスの質」について紹介した。中国のサービス業と何がどう違うのかを紹介している。

 この中国人配信者は、最近キッチンラックを購入し、配送サービスを利用したそうだ。配送を担当した若い日本人男性2人の仕事ぶりに感心し、日本のサービス業は「仕事が細かい」と称賛している。

 まずは、玄関に入る前に梱包を取り払うことで「ごみを家に持ち込まない」と紹介。さらに家に傷を付けないようにまず「マットを準備」し、そのうえに家具を置いて移動した様子も伝えている。最後には、電化製品のコードがコンセントまで届くことを投稿者の家主と確認し、ごみが残っていないことを再び確認してから去っていった、と業者の細かさに驚いた様子だ。

 動画では結論として、日本のサービス業が細かく質が高いのは「相手の立場になって、迷惑をかけないようにしているためだ」と締めくくっている。ごみを回収して持ち帰り、家に傷を付けないように気を付けていたことにいたく感銘を受けたという。

 中国でも家具などを購入すると配送してくれるが、購入者の「迷惑」までは考えないようだ。設置が終わればごみなど気にせず帰っていくのが普通であり、客側としても気にする人はあまりいないのだろう。相手のことまで考える日本のサービス業は、やはり質が高いと言えそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)