中国人は面子(メンツ)を重視する傾向が強い。そのためか、中国の「国際的なイメージ」を気にする人も多いようだ。中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、「外国人の目に映る日本と中国のイメージには大きな差がある」と指摘する動画を配信した。

 動画の中国人配信者は、「多くの外国人は日本人を高く評価している」と紹介。団結力があり、日本製品は品質が高く、自動車をはじめ世界中で人気が高いからだと伝えた。「日本製品は完璧だと認めざるを得ない」と称賛し、日本は多くの国に認められており、その評判は国際的に高いとしている。

 中国人配信者は「国際的なイメージや世界における評価という点で、中国は日本に及ばない」のが現状だとし、「中国は国際的な支持を得ることができていない」と指摘。近年の中国の発展は非常に速いが、「ソフトパワー」という点で中国はまだまだだとしている。それで、中国は民度も含めて各方面で「強化」する必要があると分析。全体的に見て日本は「非常に優秀」であり、歴史問題は別として考え、中国は日本に負けないようさらなる発展を目指していくべきだと自身の考えを述べている。

 この動画を見たネットユーザーから、「日本では、ごみのポイ捨て、公共の場所で騒ぐこと、列の割り込み、ケンカが法律で禁止されている。中国にも厳格な法律と社会ルールがあれば、日本人のような民度を手に入れられる」とのコメントが寄せられたが、法律のせいにするのは中国でよく聞かれる意見だ。

 また、「学校教育が重要ではないかと思う。資質のある教師を選ぶことが重要」との意見が寄せられたが、家庭での教育ではなく学校教育に任せるというのも中国的な考えと言えるだろう。他にも、学校にたとえたうえで「日本はアジアの優秀な学生。中国は財力で日本に追いついたが、そのやり方がクラスメイトから認められていない」との指摘もあり、日本が世界中で高く評価されていることは認めているようだった。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)