太平洋戦争の初期において、零式艦上戦闘機(ゼロ戦)はその優れた能力で「世界一優秀な戦闘機」とまで評された。ゼロ戦は旧日本軍のなかでも代表的な戦闘機だが、当時の日本はほかにも多くの優秀な戦闘機を製造している。

 中国メディアの百家号は、そのうちの1つである「紫電」について紹介する記事を掲載した。「紫電」という名称は中国由来だと伝えている。

 「紫電」は優れた性能を持って・・・・

続きを読む