諸説あるものの、日本の駅弁は栃木県の宇都宮駅が発祥と言われている。当初は「おにぎり」2個を竹の皮で包んだだけの簡素なものだったようだが、その後に駅弁は進歩を遂げ、今では各地で特色ある弁当が販売されるようになった。

 中国の長距離列車や高速鉄道でも弁当が販売されているが、売れ行きはあまり良くないようだ。中国メディアの百家号はこのほど、中国の駅弁があまり売れない理由について分析する記事を掲載した。

 広大な国土の中国では1つの鉄道路線も非常に長い。最近では高速鉄道網が拡大し、以前よりも乗車時間が短くなった路線が多いとはいえ、車内で食事が必要になることもしばしばだ。そのため駅弁が車内販売されているが、駅弁を買わずにインスタントヌードルを持ち込んで食べる人が多いという。

 この理由について記事は「値段の高さ」が関係していると指摘。実際、中国の駅弁はかなり割高な価格設定になっているので、多くの人は安いインスタントヌードルを選ぶそうだ。しかし記事は、弁当を買う人が少ないのは値段のほかに別のもっと大きな理由があると分析。それは「弁当の外観」だと主張した。

 実際、中国の駅弁は彩りが悪く、見た目に食欲がそそられないという人は多い。この点、日本の駅弁は「見た目がきれい」だと記事は紹介。「人は美しくて洗練されたものに抗うことはできない」ので、価格的には日中の駅弁に差はなくても、その外観ゆえに日本では弁当に手が出るとしている。日本ではおかずの組み合わせや盛り付けにかなり注意を払っているので、人気なのだと分析した。

 中国の駅弁は以前から中国人にも非常に不評だが、いまだに改善する気配はないようだ。中国では、列車内での食事のメインはインスタントヌードルという日々が当分続きそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)