諸説あるものの、日本の駅弁は栃木県の宇都宮駅が発祥と言われている。当初は「おにぎり」2個を竹の皮で包んだだけの簡素なものだったようだが、その後に駅弁は進歩を遂げ、今では各地で特色ある弁当が販売されるようになった。

 中国の長距離列車や高速鉄道でも弁当が販売されているが、売れ行きはあまり良くないようだ。中国メディアの百家号はこのほど、中国の駅弁があまり売れない理由について分析する記事を掲載・・・・

続きを読む