中国のポータルサイト・百度に29日、日本の献血を支えていたのが「なんとマンガ、アニメを愛するオタクたちだった」とする記事が掲載された。

 記事は、マンガ、アニメ大国である日本はかねてより「2次元愛好者の天国」であり続けてきたとし、日本ではマンホールの蓋、自動販売機、道路を走る「痛車」、服飾品に至るまで日常生活のありとあらゆる部分にマンガやアニメの要素が融け込んでいると伝えた。 続きを読む