中国のポータルサイト・百度に29日、「1960年代の日本、近代的な街並みに舌を巻く」とする記事が掲載された。

 記事は、第2次世界大戦で焼け野原になった日本が、戦後に急速な復興と経済成長を実現し、人びとは豊かな米国人のような生活を目指してきたと紹介。1960年代はまさに高度経済成長期の真っただ中であり、多くの家庭の収入が右肩上がりで上昇する時代だったと伝えた。

 その・・・・

続きを読む