中国メディア・騰訊網に29日、「地震に襲われてもどうして日本の建物は崩れないのか、そこにはこんな秘密があった」とする記事を掲載した。

 記事は、日本が地震の多発国であると同時に「最も地震について心得ている国」であるとし、大きな地震が来ても他国のように大規模な家屋倒壊が発生するケースはとても少ないと紹介。日本では昔から今に至るまで、建物の設計に苦心を重ね、様々な手段によって建物の安全が確保・・・・

続きを読む