日本のサービス業は、世界一の水準だと言われている。自国ではなかなか経験できないためか、「日本式のサービス」を楽しみに来日する中国人旅行者も多い。中国メディアの百家号は27日、「跪く」ことこそが日本式のサービスの真髄だと紹介する記事を掲載した。

 客のために跪くというのは、中国では考えられないことだ。サービス業という言葉はあるが、サービスの気持ちが全くないので名前だけになっていると言えるだろう。それに対して日本のサービス業には「本物のサービス精神がある」と称賛、だから客のために自然と「跪く」光景がたびたび見られ、中国人に尊敬されているのだとした。

 では、日本ではどのような時に「跪く」のだろうか。例えば、遊園地でスタッフが子どもの目線で話しかける時だ。子どもを接客するたびにひざを折り、遊び終わった子どもが帰る時も、「跪いて」別れの言葉を述べるとした。そのほか、小売業などでも店頭に商品を並べる店員も、跪いて大切に商品を扱うと伝え、これは客に販売する商品を取り扱っているからであり、サービス精神の表れであると論じた。

 他にも、客が気持ちよく来店できるように、日本では店の掃除を欠かさないが、個人店では店内だけでなく店の周りも掃除するものだ。記事は、店の前の側溝を「跪いて」掃除している店主がいたと紹介。道路や側溝は政府に雇われた清掃員が掃除する中国では余計に、店の外まで丹念にきれいにするというのは考えられないことだろう。

 日本では跪かないまでも深々と頭を下げたり、微笑みながら接客をし、それぞれの利用者に対応したサービスを提供するなど、中国のサービス業にはない「本物のサービス」を提供している。これは、客の立場に立って考えるサービス精神のおかげと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)