中国メディア・海外網は25日、新型コロナの世界的な感染が広がる中で中国が日本最大の輸出相手国に返り咲いたことについて「3つの意味を持っている」とする記事を掲載した。

 記事は、財務省が21日に発表した2020年の貿易統計速報で、日本の昨年の輸出総額が対前年比11.1%減少した一方で、対中輸出は2.7%の増加になったことが分かったと紹介。日本の総輸出額に占める対中輸出額の割合が初めて20%・・・・

続きを読む