エンジンは自動車の心臓部と呼ばれ、自動車全体の評価に大きく影響する重要なパーツだが、中国メディアの快資訊は21日、「中国メーカーの自動車エンジンが日本製、韓国製に追いつくにはまだまだ時間が必要」と題する記事を掲載した。

 記事は、中国メーカーの自動車エンジンはここ数年で目覚ましい進歩を遂げたとし、エンジンの熱効率で日本の大手メーカーに匹敵する数字を叩き出す例も見られると紹介する一方で、それでも全体的な性能で日本メーカーや韓国メーカーのエンジンに追いつくには「まだまだ時間が必要」なのが現状だと説明した。

 特に日本メーカーのエンジンは「韓国メーカーのエンジンよりも優れている」と指摘し、なぜなら韓国メーカーは日本企業から技術を学んだ存在だからだとし、日本には世界でトップを争うような競争力を持ったエンジンが多数あるのだと指摘した。

 では具体的に言って、中国のエンジンはどのような点で日本のエンジンに及ばないのだろうか。記事はエンジンを構成するパーツを作るための「金型技術」や「金属加工技術」さらには「金属材質」など中国エンジンは日本のエンジンに圧倒的に負けていると強調。

 日本のエンジンのような世界レベルの競争力を持ったエンジンを製造するにはこれらエンジンに関わるすべての技術を引き上げる必要があると強調し、エンジンの性能そのものが中国車と韓国車、あるいは日系車との競争力の差に直結しているのだと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)