明治維新以降、近代国家として急速に台頭した日本。日清戦争で清に勝利し、日露戦争ではロシアに勝利してあっという間に当時の列強の仲間入りを果たしたことは世界を驚かせたと言われているが、なぜ日本は急速に台頭できたのだろうか。中国メディアの快資訊は19日、近代日本の台頭には中国が大きく関わっているとする記事を掲載した。

 日本は江戸時代に「鎖国」を行っていたことは広く知られている。鎖国中は海外の文化との接触は限定的であり、西洋の進んだ文明から長らく取り残された状況となっていたと言えるだろう。しかし、ペリー来航によって鎖国が終わり、明治維新によって国の体制が変わると一気に国力が伸び、列強の一角となるまで発展を遂げた。

 記事は、日本が明治維新後に飛躍的な発展を遂げることができたのは、3つの理由があると指摘している専門家がいるとし、その理由のいずれも中国に関係していると紹介。まず1つ目の理由が「中国文化」そのものであり、日本は中国から儒教を学んだが、主君への忠義を強調する儒教のおかげで国民全体が天皇に忠義を示すことに貢献したと主張。これに武士道が加わって「空前絶後の団結力」を生んだと主張した。

 2つ目は「中国の本」の影響で、清末の地理書で当時の世界情勢を記した「海国図志」が日本の近代化に大きな影響を与えたと説明。当時の清では見向きもされなかったこの本が、日本では大きな影響を与えたとしている。海国図志は「外国の侵略にやみくもに立ち向かうのではなく、外国の進んだ文明を学び、それを以って対抗すべき」と説いた本であり、吉田松陰など日本の明治維新の立役者たちも影響を受けたと言われている。

 3つ目は「中国からの教訓」が関係していると分析。古代日本は、白村江の戦いで唐に敗れたことから「強者」である唐に学ぶことの必要性を理解し、後に豊臣秀吉の朝鮮出兵でも明に敗れたことで、やはり「強者に学ぶべき」との同じ教訓を得たという。それで、幕末になって西洋諸国の強さを理解すると、西洋から学ぶよう努めたので、急速に発展できたと論じた。

 このように、近代日本の発展はいわば「中国のおかげ」との側面があると記事は主張したいようだ。確かに完全に否定できることではなく、一定の影響があったのは事実なのだろう。しかし近年の中国の発展は目を見張るものがあるが、日本よりも近代化が遅れたという点を考えれば、日本の成功は中国のおかげと言い切ることもできないのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)