2020年は世界の主要国の経済成長率は軒並みマイナスに転落したが、中国だけ2.3%増と「一人勝ちだった」という。中国経済の柱となるのは、国内総生産(GDP)の4割を占める「製造業」だが、中国メディアの快資訊は21日、中国の製造業は「いまだに日本に依存している」と伝える記事を掲載した。高い技術力を要する小さな部品などは、今でも日本から輸入しているという。

 記事はまず、中国の製造業は極めて・・・・

続きを読む