東南アジアの国のほとんどが過去に植民地となった苦い過去を持つが、タイだけは植民地とならず独立を保ち続けた。これはなぜなのだろうか。中国メディアの快資訊は16日、2人の英雄による貢献が主な理由だとする記事を掲載した。

 そのうちの1人は、チャクリー王朝の第5代のシャム国王である「ラーマ5世」だ。当時のタイは、すでに西洋列強との不平等条約を結ばされており、周辺国が次々と植民地化されている状況・・・・

続きを読む