中国には「少年強則国強」という言葉がある。これは「子どもが優れていれば国も強くなる」という意味合いの言葉であり、教育のモットーにされているが、実行されているかとなると別問題だ。中国メディアの快資訊は14日、日本では「少年強則国強」が実践されていると称賛する記事を掲載した。「日本の小学校教育を知ると、背筋が凍り、冷や汗をかいてしまう」と伝えている。

 記事の中国人筆者は「教育こそが人を作る・・・・

続きを読む