日本は鉄道が発達した国であり、新幹線や地下鉄、電車を含めた鉄道は人びとの生活に密着した存在だと言えるだろう。中国にも高速鉄道や地下鉄は存在するが、日本の鉄道ほど生活に密着した存在ではない。

 また、中国には私鉄というものが基本的に存在しないため、日本を訪れた中国人のなかには「日本の鉄道」が複雑に感じられ、戸惑う人もいるようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の地下鉄や電車などについて、中国との違いを含めて紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本は1927年にアジア初の地下鉄を開業させた国であることからも分かるように、「鉄道輸送が極めて発達した国」であると指摘し、それゆえ電車や地下鉄などは中国人からすれば「複雑すぎる」ほどに発達していると強調。そして、東京、名古屋、大阪の電車路線図を紹介し、一見すると「眩暈を覚えるほど複雑」だと表現する一方で、実際は「非常に整然とした」路線設計であり、ここから日本社会の効率性の高さを感じとれるとした。

 さらに、日本の電車には「特急」や「急行」、「快速」、「準急」、「普通」といった停車駅がそれぞれ違う複数の列車種別があるのも中国との違いだと指摘する一方、違いはこれだけであり、最初は複雑に感じられても、すぐに慣れることができるはずだと論じた。

 一方、気を付けなければならないのは「電車や地下鉄を利用する際のマナー」であるとし、日本は礼儀を重視する国家であるゆえに、電車に乗るときにも守らなくてはならない多くのマナーがあると強調した。たとえば乗客でいっぱいの車両内で自分がドア付近にいる場合、まず自分が車両から降りて、他の乗客が下車しやすいようにしなければならないと強調。そのほかにも列に並ぶこと、混み合った車内ではリュックを背負ったままにしないこと、車内では静かにすることなどを挙げ、日本の電車を利用するときにはマナーは厳守しなければならないことを強調した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)