新型コロナウイルスが発生する以前、経済面で飛躍的な発展を遂げた中国では多くの人が海外旅行を楽しんでいた。しかし同時に「中国人旅行客のマナーが世界各地で批判されている」という報道も各メディアを通してよく見かけるようになった。

 「少数の中国人旅行客の粗悪なマナーが、すべての中国人の評判を損なっている」と主張する中国人ネットユーザーもいるが、いずれにしても渡航先における自分の行動が現地の人々にどう思われるかを気にする中国人が増えてきたのは確かだと言えるだろう。

 中国メディアの百家号はこのほど「日本旅行時に知っておくべき小さな常識」と題する記事を掲載し、日本の常識を知らずに日本を訪れると日本人に嫌われることになるので要注意だと論じた。

 新型コロナウイルスの収束はすべての人の切なる願いだが、収束したら日本旅行を存分に楽しみたいと願う中国人は多いことだろう。記事は、コロナ収束後の日本旅行中に「日本の常識を無視した振る舞いを見せれば、日本人に嫌われるか笑い話の種になってしまう」と説明し、それだけにまず日本の常識を知っておくことが大切だと論じた。

 その常識には、例えば日本ではエスカレーターに乗る時に右側あるいは左側に寄り、急いでいる人のための通路を確保する必要があると紹介。中国では混乱しがちのエスカレーターだが、日本では常に「列に並ぶ」ことを意識する必要があると指摘し、「右と左のどちらに寄るかはエリアによって異なるが、自分の前方の人と同じ側に寄ればそれで良い」とアドバイスした。

 また中国ネット上で「日本では麺類は音を立てて食べるのが礼儀」というアドバイスをよく見かけるが、これは実は状況によっては間違いで、イタリア料理のレストランでこうした食べ方をするのはふさわしくないと説明したほか、日本では中国と違って食べ歩きは基本的にマナー違反になること、タクシーを利用するときは「中国のように自分でドアを開ける必要がない」ことを紹介し、訪日前には日本の常識を勉強しておくことが大切だと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)