「敵基地攻撃能力」とは敵国が日本を標的とした弾道ミサイルなどを発射する前に、相手国の領域内でその拠点を攻撃する能力を指すが、日本が敵基地攻撃能力を保有すべきかどうかについては様々な意見があり、議論が続いている。

 この能力を保有すべきかについて判断が難しいのは「先制攻撃」との違いが不明確であるためとされるが、敵基地攻撃能力を保有することは「戦争抑止力の向上」につながるのも事実だろう。しか・・・・

続きを読む