中国メディア・東方網は4日、ドラマティックな大逆転劇で幕を閉じた日本の新年の風物詩、箱根駅伝について紹介する記事を掲載した。

 記事は、2日の往路に続いて3日に復路が行われた第97回箱根駅伝で、駒澤大学が最終10区の土壇場で創価大学を逆転して総合優勝を飾ったと紹介。「ゴールに入るまで結末がわからないからこそ、箱根駅伝における勝利の喜び、敗戦の涙の一つ一つが人びとを大いに感動させるのだ」と・・・・

続きを読む