日本車は極めて高い競争力を持っていて、中国車はまだまだ日本車に敵わないのが現状だが、これは二輪車でも同様のようだ。中国メディアの百家号はこのほど、中国の二輪車メーカーは日本メーカーの二輪車のエンジンを「原形がとどめなくなるほど」徹底的に研究し尽くしたにも関わらず、なぜ今でも技術力で追いつけないのかと問いかける記事を掲載した。

 記事はまず、中国の二輪車メーカーは様々な手法で日本メーカーの二輪車のエンジンを徹底的に研究し尽くしたと指摘する一方、それでも日本メーカーの二輪車と比べると、中国の二輪車のエンジンは技術面で「深刻なほど後れている」ばかりか、その差はますます大きくなっているのが現状であると指摘した。

 では、日本製のエンジンを「原形がなくなる」ほど徹底的に研究したというのに、なぜこうした状況が生じるのだろうか。記事は、この理由としてまず「研究費」について取り上げ、日本製エンジンのパクリではなく、中国メーカー独自の新しいエンジンを開発するには膨大な研究開発費が必要だが、中国メーカーにはその費用が負担できないと主張。中国では大気汚染や渋滞などの問題解決に向け、大都市の多くで二輪車の走行が禁じられていることもあり、二輪車メーカーにとって「十分な研究開発費を得られるほどの市場が中国には存在しないのだ」と論じた。

 また、中国メーカーの考え方にも問題があるとし、「中国メーカーにとって、新しい技術などはどうでも良い問題で、とにかく大事なのは利益なのだ」と主張。儲けるためには顧客の注意を引く必要があり、そのために新商品を定期的に発表する必要があるが、定期的に発表するための時間もなければ、技術もないと説明した。

 さらに、中国メーカーにはそもそも精度の高い部品を製造するための設備がないため、信頼性の高いエンジンを製造することなど「どうあがいても絶対に不可能」なのだとし、だからこそ中国メーカーが日本製のエンジンを「原形がなくなるまで」研究しても、中国の二輪車のエンジンは一向に進歩しないのだと論じた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)