かつて日本人の平均身長は低かったと言われる。厚生労働省のデータによると、1950年の時点で、20歳男性の平均身長は161.5センチだった。しかし、今では170センチを超えるようになっている。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本人の平均身長が高くなった理由について分析する記事を掲載した。

 記事はまず、中国の平均身長について紹介。19世紀初め頃の中国人男性の平均身長は165センチだったと・・・・

続きを読む