日本はどの場所でも一定以上の清潔さを保っているきれいな国だが、この清潔さを維持できているのはなぜだろう。中国メディアの百家号は23日、「日本はどうして清掃員もごみ箱も見当たらないのにきれいなのか」と問いかけ、その理由を分析して紹介している。

 記事はまず、中国人は「日本はどこもかしこも清潔なので、きっと清掃員がたくさんいるのだろう」と思うものだと紹介。中国の街も近年はずいぶんきれいになったが、それは雇われた清掃員が毎日ごみを掃除しているためだ。散水車でホコリとともにごみを流すこともある。また、ごみ箱の大量設置も道路の衛生にかなりの程度貢献してきた。

 では、「日本には清掃員が1人もおらず、ごみ箱すらない」のに、これほどきれいなのはなぜだろう。記事は「2つの政策のおかげ」と紹介した。1つ目は「法律を厳しくし、ごみ箱を撤去したこと」。ごみのポイ捨てを法律で罰するようにし、ごみ箱の撤去で「ごみを持ち帰る」習慣が身についたと分析した。

 2つ目は「ごみ拾いのボランティア」の貢献だと主張。日本では、平日は退職した高齢者が、週末には親子連れや若者がボランティアでごみを拾う姿を見かけると紹介。社会貢献が高く評価される日本ではボランティアに参加する人が多く、国の支出が大幅に削減されていると感心した。これは、中国が大勢の清掃員を雇っていることと比較しているのだろう。

 では、中国もこの2つを真似すればきれいになるのだろうか。記事は、こうした政策は「高い民度があってこそ」だと指摘している。清掃員とごみ箱を増やすことできれいにしてきた中国の方針は日本とは真逆と言え、今の中国が日本を模倣できるのかは疑問と言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)