日本のサービス業は利用者に優しいことで知られている。どれだけ利用者に優しいのか、体験してみたいと来日する中国人観光客も少なくない。中国メディアの新浪はこのほど、日本では「公共交通機関も利用者に優しい」と紹介する記事を掲載した。バス、電車、飛行機がいかに利用者のことを考えているかを伝えている。

 まず「バス」について記事は、時刻表が分刻みと細かく、それが厳しく守られていると紹介。「少なくとも自分が旅行した時は遅れたことがなかった」と伝えている。また、乗り降りの不自由な利用者のために「バスが傾く装置」まで付けていると称賛した。

 次に「電車」だが、中国の鉄道と違って駅が多く、乗り換えれば「日本国内のどこにでも行ける」と利便性を強調。電車には普通列車と急行列車とがあり、急行の中でも停車駅やスピードの違いで快速、特急、準急とに分かれている。地下鉄や新幹線もあるので選択肢は多い。旅行者におすすめの周遊券もあり、駅には中国語のできる駅員もいるので、中国人旅行者にも優しいと伝えている。

 「飛行機」による移動も、利用者に優しいという。繁忙期を避ければ格安航空券は本当に安く、「中国国内の移動よりも安く日本に行けるほど」と紹介した。日本の航空業界は「時間に正確」なのも売りで、世界ランキング上位の常連だが、中国は上位10位にも入らないと指摘。日本の航空業界がいかに優秀かを伝えている。

 中国の交通機関も便利ではあるが、「利用者に優しいか」となると疑問符が付く。高速鉄道の駅がアクセスの悪い郊外にあることが多いなどはその良い例と言えるだろう。中国の場合は利用者よりも運営側に優しい仕組み、と言ったほうが正確かもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)