中国のポータルサイト・網易に24日「日本の大きな貢献が地球の環境を救い、100年後の世界各国が感謝することになるかもしれない」とする記事が掲載された。

 記事は、日常生活で当たり前のように使用してきたプラスチック製袋は環境に決してやさしいものではなく、使用後の処理が面倒であるうえ、ちゃんと処理できなければ自分たちの生存環境に巨大な危害をもたらしうるのだと紹介。現在の世界の環境汚染はまだ完全に目に見える状況には至っていないものの、現在の状況が100年も続けば、きっと想像を絶する結果が待っているはずだとした。

 そして、現在では環境の重要性を意識するに至った多くの国で環境に優しい日用品の研究開発が進んでいると伝え、その例として日本で開発が進んでいる海中で分解されるプラスチック製袋に言及。このプラスチック製袋は主に植物成分から作られており、土の中で容易に分解されるだけでなく水中でも分解が進むと説明し、この袋が広く実用化すれば地球の環境は大いに救われることになり「100年後の世界がこの日本の発明に感謝をすることだろう」と評している。
  
 一方で、新たに開発される製品はどうしても従来の製品よりコストが高くなる傾向にあり、海水でも分解するプラスチック製袋も現状では通常の6倍以上の値段になる見込みだと紹介。「とはいえ、本当に環境保護の大きな助けになるのであれば、世界的に普及するのは人類にとっては素晴らしいことだ」と伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)