今や生活に欠かせない存在となったコンビニエンスストア。必要なものが何でも揃っており、様々なサービスを提供していて本当に便利だが、日本のコンビニは世界的に見てもかなり便利だと言えるようだ。中国メディアの網易は22日、日本のコンビニが海外でも人気となっている理由について分析する記事を掲載した。

 記事はまず、コンビニの発祥地は米国だが、日本で大きく発展したと紹介。生活のリズムが速く、生活の質を求める日本人にとって、コンビニはそのニーズを満たすぴったりの存在だとしている。

 そのうえで、日本のコンビニは日本中に数多くの店舗を展開しているだけでなく、海外でもアジア地区を中心に多く見られ、人気が高いと紹介。セブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソンといった大手コンビニは中国に進出しており、多くの中国人にも認知されていて利用者も多い。

 なぜ日本のコンビニはこんなにも人気が高く、消費者から支持されているのだろうか。記事は「とにかく便利だからだ」と分析。小さな店舗であるものの、必要なものはすべて揃っており、商品の陳列がとてもきれいで、非常に快適なのだという。そして、光熱費の支払いや、コピー、宅配便なども扱っていて「人間本位のサービス」を提供していることが人気の秘訣だと論じた。

 中国にも地元企業のコンビニが多く出店しているが、コピーや宅配便などのサービスや弁当は提供していないところがほとんどだ。日本のコンビニの便利さにはまだまだ及ばないと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)