きれい好きで知られる日本人は、中国では称賛されることもあれば、「潔癖すぎる」と言われることもある。中国メディアの百家号は21日、きれい好きな日本人の「トイレ文化」を紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本には様々な変わった習慣があり、考え方の違いを感じると紹介。とりわけ、日本人のトイレにかける思いは格別のようだとし、「神聖視するばかりか、食事も読書もできる場所になっている」と伝えている。中国人も、日本の温水洗浄便座に感動して爆買いしていたこともあるが、なぜ日本はこれほどトイレ文化を大切にしているのだろうか。

 記事は2つの理由を紹介している。1つ目は「日常の中心的な場所だから」。排泄は人間にとって基本的な生理現象の1つであり、トイレを使用せずに生活することは不可能だ。生活における最も重要な場所として、汚れやすい場所だからこそ日本人はトイレを常に清潔に保とうと努力していると伝えた。

 2つ目は「信仰心」だと主張。トイレには神様が住んでいるという信仰のもと、毎日きれいに掃除していれば家内安全と健康が守られる、と信じていると伝えた。また、トイレの神様は美しく、トイレをきれいにしていると美しい子どもが生まれる、と言い伝えられているとした。

 中国では比較的きれいにしている住宅でも、水回りは汚れていることが多い。日本では、公共のトイレまでピカピカに磨かれているが、トイレがきれいになっていると気分が全く違うものだ。この点はぜひとも中国の人たちにも実践してもらいたいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)