ネットショッピングサイトの急速な成長に伴い、中国では多くの実店舗が閉店に追い込まれている。一方、日本は生鮮食品などの分野でまだまだ実店舗が強い。コロナウイルスの流行期間中でも、ネットショッピングを利用する世帯は過去50%にまで増加したが、ここ数ヶ月は横ばいだ。多くの世帯は日用品の買い物に、今でも地元のスーパーを利用している。中国のポータルサイト・百度が24日付の「日本の小売業がネットに駆逐されないワケ」と題・・・・

続きを読む