日系車は中国市場で販売台数を伸ばし続けているが、少し前まで「日系車のボディは鋼板が薄くて安全ではない」というデマを信じている人が多く見られた。

 安全テストの結果などにより、デマは徐々に解消されてきたとはいえ、いまだに誤解したままの人がいるのも事実だ。中国メディアの百家号は21日、「なぜ中国人は鋼板が薄いと言われている日系車を買うのか」と題する記事を掲載した。

 記事はまず、中国人が自動車に安全性を求めるのは良い傾向だが、いまだに「ボディの鋼板は厚ければ厚いほど良い」と思い込んでいる消費者が多いと指摘。車両重量が軽いとのイメージの日系車を不安がり、ボディが厚くて重量のあるドイツ系に安心感を抱くようだ。また、「事故に遭った日系車の写真」が中国のネット上に多数アップされたことも、日系車は事故に弱いという印象を植え付けたと指摘している。

 では、日系車が中国で販売台数を伸ばしているのはなぜだろうか。記事は、日系車は「車の安全性について正しい知識を持つ人に選ばれている」と分析し、安全性を左右するのは鋼板の厚さよりも「フレームの構造と安全装置」であることを理解する中国人消費者が増えてきたと指摘している。

 続けて、日系車は万が一事故に遭った場合でも、被害を少しでも減らすための取り組みを徹底していると紹介し、こうした取り組みの結果、世界各国で行われている安全テストで高い成績を収めていると強調。こうした事実に基づいた安全性の高さが周知されるようになったことで、日系車は「車の安全性について正しい知識を持つ人に選ばれるようになった」ことを伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)