日本経済は1990年代のバブル崩壊で大打撃を受けたが、今もなお経済大国としての地位を保っている。バブルが崩壊しながら、なぜ日本経済は世界3位でいられるのだろうか。中国メディアの網易は20日、その理由について分析し、中国が学べる教訓について紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本経済はバブル崩壊後、不動産をはじめとする資産バブルの危険性を強く意識するようになり、経済の支柱を不動産業ではなく・・・・

続きを読む