日本の自動車産業は欧米に比べれば後発であり、その歴史は長くない。世界初の蒸気自動車はフランスで誕生したと言われており、ガソリン自動車はドイツで誕生した。その後、自動車は米国で大量生産の時代を迎えた。

 現在、日本の自動車産業は世界有数の競争力を持っているが、なぜ後発の日本企業は自動車産業で成功を収めることができたのだろうか。中国メディアの百家号は17日、この理由について分析する記事を掲載・・・・

続きを読む